So-net無料ブログ作成
検索選択

おすそわけ [うちの子たちの詩]

20090321 001.JPG

烏龍おじいちゃんが
何かを大切そうに持っているよ

烏龍さま、何持ってるのかな
ちょっと見せてみ
私に見せてみ

【続きを見る】


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

やっぱり、挟まる [おっぽこ一番の思い出]

20090313 026.JPG

おや、また挟まってる
座布団と座布団の間

この座布団はね
左のがパパ
右のが私

いつも並んで座っているんだよ
君は真ん中に居たかったのか

・・・【続きを読む】・・・


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

挟まって、抜けて、挟まって [おっぽこ一番の思い出]

20090313 020.JPG

座布団

座布団の間の隙間に

挟まって

窮屈じゃないのか

人間から見て不思議な姿

【続きを読む】


タグ:うさぎ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

部屋のうさぎ [頭の中に出てきたやつ]

20090313 015.JPG

若い頃はね

思ったことを素直に言えば



【…続きを読む…】


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

おっちゃん赤ちゃんうさぎさん [おっぽこ一番の思い出]

20090313 019.JPG

仔うさぎおっぽこさんが
パパの手のひらに寄り掛かって
ぐっすり眠ってるよ

ここに怖い物は何一つない
そんな寝顔を見せてくれた

君はきっと知らない
この空間の

・・・【続きを読む】・・・


タグ:うさぎ 寝顔
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

烏龍さまが寝息たてると [うちの子たちの詩]

20090313 013.JPG

先輩烏龍さま
夜は巣箱でぐっすり寝んね
昼間は我儘邦題、王様気取り
だけど寝顔は赤ちゃんみたい

突然やってきた
仔うさぎに
翻弄されて焦る日々

愛妻ゴルメロに先立たれ
その悲しみを乗り越えて
孤高の王となったのも束の間
大胆不敵な仔うさぎ登場
烏龍さま、危うし

そう思ってたのは烏龍さま、
あなただけでしたよ

私もパパも

・・・・【続きを読む】


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

おやすみお月様 [頭の中に出てきたやつ]

はじめての北海道旅行 004.jpg

どうしてずっと起きてたんだろう

溜息ついて、月が揺れたら
空が白んで朝になる

20090313 010.JPG

みんなが起きたら 夜は寝るってさ
おやすみお月様

みんなが起きたら うさぎは寝るってさ
おやすみお月様







タグ:夜明け
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

秋雨の夜明け [うちの子たちの詩]


20160915_091029032_iOS.jpg
今、明け方
朝なんだよね
愛犬はとても早起きで
太陽より早く朝を告げてくる

私も夫も
眠りの中から引っ張り出され
まだ暗い明け方の
秋雨の音を聴いている

そのすぐ傍で
灰色がかった艶々の毛をした
大きな丸い瞳のやつが
まるで良い事をしたかのような
嬉しげな顔で
私の欠伸を眺めてる

窓の向こうは秋雨
夏の欠片もありゃしない
台風が次々と流して行った
今年の夏の暑さも
残り香も


十五夜お月様に [おっぽこ一番の思い出]

tukimisusuki.jpg

中秋の名月の夜に
月へ帰ったうさぎたちは
どうしているのかなぁなんて

中秋の名月だから
月で暮らすうさぎたちが
地球から見えるんじゃないかなって

そんなはずないんだよ
分かり切ってることなんだけど
想像してみると
ちょっと楽しいじゃないか

しかし困った
9月の十五夜は
悪天候で月が見えない

お月見団子も買って
楽しみに待っていたんだけどな

tukimidanngo1.jpg

綺麗に満月が浮かんだとしても
うさぎが見える訳でもないが

たぶん、月のうさぎたちは
今宵、地球の天気が悪いことなど
どうだっていいくらいに
記念日の祭典を
楽しんでいることだろうと


tukimidango2.jpg

そう思えば
楽しいんじゃないか

そう思いながら
楽しめばいいんじゃないか

お月見団子を買った和菓子屋で
もらったすすきの穂を片手に
夜空に向けてヒラヒラ揺らす
月のうさぎに愛をこめて

おっぽこ様よ
暫しの眠りについた時
夢で待ってる
夢で待ってる




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

次々と台風 [おっぽこ一番の思い出]

夏の終わりから秋までに
次から次へとやって来る
暴れん坊の台風たち
今年13番目の目玉が列島を横断しようと
激しい雨風を率いてやって来る

20090313 005.JPG

君は台風が嫌いだった
強い風が窓を軋ませるのを
雷鳴が耳を劈くのを嫌がった
怖がる素振りはなかったけれど
あの空気が身体に合わなかった

嵐のたびに不機嫌になって
ごはんを少し食べ残す
まんまるうんちも小さくなった
私はそのたびに心配で
どうにかしようと悩み考え
そして夜の間ずっと
招かれざる客が上空を去るのを待った

だけどね、
仔うさぎの頃はそんなに
台風を気にしてなかったよね

ガラスが暴風雨に軋んでも
幼い君は平気で寝そべったり
私の周りをクルクル回って遊んだり

20090313 009.JPG

人間と同じかなぁ

大人になるほど身体は強くなるのに
心が段々弱くなっていく

20090313 007.JPG


ふと思い返す

笑うことが減ったのに
涙がこぼれやすくなった
だけど冷え切ったんじゃなくて
今のほうがずっと熱い気がする

愛する黒毛玉、おっぽこさん

もうどれだけ台風が押し寄せても
君のことを心配する必要がないよ
寂しいけれど、いつか慣れる

これでいいんだよね

今夜は三日月だったのに
黒い雲が消してしまった
黒い雲が君のモフモフなら
そこに埋もれて
溺れてしまいたい

20090313 006.JPG


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。